病院と薬

同じうつ病でもその人によって原因も不足している分泌物も違います。代表的な成分はセロトニンですから、基本的にセロトニンの生成を促し、さらに再吸収を防ぐ為の抗鬱剤が処方されることになります。これを服用して脳内のセロトニンの量を正常値になるように調整し、ゆくゆくは薬等でも健康な数値を出せるように調整して治療を進めます。
それ以外にも不安感が強い人は抗不安薬を処方することがあります。これは効果がある人と無い人がおり、さらには副作用等の不安もある為に注意して利用する必要があります。
自律神経失調症の治療に利用されることもありますし、パニック発作を持っている人のお守り代わりに使われていることもあります。副作用として眠気、吐き気、倦怠感がありますから、これらの精神的な病に関する治療薬を服用している人は車の運転ができないことがあります。
また、職場や学校へいく人がこれらを服用するとやらなければいけないこと集中できなかったり、仕事にならなかったりと問題がたくさん起こる可能性がありますから注意する必要があります。

他にも、うつや不安に関しての治療薬ばかりでは泣く、精神安定剤だったり不眠症に関しての治療薬を利用することもあります。これは担当医と相談して服用する薬を決定する必要があります。むやみに薬を利用している治療薬自体に依存し、効果があるないにかかわらずそれを飲まなければいられない状態になってしまう可能性があります。薬に依存して離れられないでいれば当然うつ病とも一生離れられなくなってしまいますから、適当に治療薬を処方するような医師はあまり良い医師ではありません。
自分の病状に関することですから、相性の良い医師をしっかり見極めて対処する必要があります。