うつという病気

どうして人間はうつ病になってしまうのか、科学的に分析するとそこには脳内物質がかかわっています。うつ病で最も重要なのは神経伝達物質というものであり、これが異常を起こせば精神的なバランスがとれなくなってしまいます。
まず、よく耳にするのがセロトニンです。これは幸せホルモンとも言われている物質であり、睡眠や精神の安定やストレス発散というように快適な生活を維持する為には必ず必要となってしまうものなのです。この脳内物質はストレスを感じるとどうしても分泌量が減少してしまいます。分泌量が減少すると精神的なバランスを崩してそのままうつ状態になったりします。
普通に落ち込んでいる時、嫌なことがあった時にもセロトニンは減少するようになっています。しかし、時間の経過とともにだんだんとセロトニンは復活しますから普通の人は立ち直るのです。けれど、うつ病の人間は背rと賭人がいつまでたっても回復してこず、そのまま一生落ち込んだ、気持ちの沈んだ状態で固定されてしまう為に病気になるわけなのです。
これは抗鬱剤等を利用して調整することが出来るようになっていますから、真剣に治療をするなら医療機関へかかることをオススメしています。